FC2ブログ

いろはにこんぺいとう

日々の暮らし 好きなものを綴っています

広島 原爆の日

Posted by 花梨 on  

原爆投下から75年となる 広島原爆の日を迎えました。
コロナウィルスの感染予防のため参列者も限定され縮小された式典となったようです。
いつもは自宅でテレビの中継を見ながら8時15分に黙とうするのですが
今年は職場の小学校での黙とうとなりました。



式典では「平和への誓い」が平成7年(被爆50周年)以降 小学生のお二人がこども代表して述べられています。
今年の「平和への誓い」をご紹介します。





平和への誓い


 「75年は草木も生えぬ。」と言われた広島の町。

75年が経った今、広島の町は、人々の活気に満ちあふれ、緑豊かな町になりました。



この町で、家族で笑い合い、友達と学校に行き、公園で遊ぶ。

気持ちよく明日を迎え、様々な人と会う。

当たり前の日常が広島の町には広がっています。



しかし、今年の春は違いました。

当たり前だと思っていた日常は、ウイルスの脅威によって奪われたのです。

当たり前の日常は、決して当たり前ではないことに気付かされました。

そして今、私たちはそれがどれほど幸せかを感じています。



75年前、一緒に笑い大切な人と過ごす日常が、奪われました。

昭和20年(1945年)8月6日 午前8時15分。

目がくらむまぶしい光。耳にこびりつく大きな音。

人間が人間の姿を失い、無惨に焼け死んでいく。

町を包む魚が腐ったような何とも言い難い悪臭。

血に染まった無惨な光景の広島を、原子爆弾はつくったのです。



「あのようなことは二度と起きてはならない。」 

広島の町を復興させた被爆者の力強い言葉は、私たちの心にずっと生き続けます。

人間の手によって作られた核兵器をなくすのに必要なのは、私たち人間の意思です。

私たちの未来に、核兵器は必要ありません。



私たちは、互いに認め合う優しい心をもち続けます。

私たちは、相手の思いに寄り添い、笑顔で暮らせる平和な未来を築きます。

被爆地広島で育つ私たちは、当時の人々があきらめずつないでくださった希望を未来へとつないでいきます。



令和2年(2020年)8月6日







世界が平和でありますように・・・・













花梨

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。