12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-05-07 (Sun)
しばらく更新していない間 変わらずにご訪問くださったり コメント・拍手コメントをお寄せくださいましてありがとうございました。
励ましのお声をかけていただき とても嬉しかったです。
おかげさまでめろんもだんだん良くなってきました。


ここから先は覚え書きとして残しておこうと思います。

4月20日に動物病院へ連れて行った時は 軽いヘルニアと言われ様子を見ていたのですが
ん~~~ どうも様子が・・・
後ろ脚を引きずるようになったので 26日に再度病院へ連れて行きました。
「悪くなってますねぇ」と言われました。
ほとんどの方が ワンちゃんにこのくらいの症状が出始めて病院へ連れて行かれるそうです。
めろんの場合は初期の初期だったので 安静にしていれば前回のように何事もなく治ったと思うのです。
散歩には連れていけない状態ですし・・・家の中でおとなしくはさせていたのですが・・・
ひとつだけ思い当たる点がありました。
玄関のたたきに飛び降りてしまったことがいけなかったのではと思うのです。
22~23センチくらいの段差ですが きっとこのことが原因ではないかと思います。
後ろ脚に麻痺が起きている状態でした。
MRIを撮ることも提案してくださいました。
県内では一つの病院しか設備が無くて遠い場所まで行かなくてはなりません。
MRIを撮った後 状態が良くなければそのまま手術になることも・・・・
MRIを撮るには全身麻酔も必要となってきます。

この日に念のためレントゲンを撮っていただきました。
でも ヘルニアはレントゲンではわからないそうです。
とりあえず 院長先生が「もう少し様子を見ましょう」とおっしゃってくださり
病院はお休みの日でしたが 29日にまた連れてきて下さいとのことでした。

とにかくじっとさせておこうと思い 玄関に飛び降りないよう ペット用木製おくだけゲートを注文して置くことにしました。
高さが51センチなので私が行き来するのも大丈夫だろうと思ったのですが、足を上げるという動作 なかなか至難の業です。
自分が転げないようにしないといけません(笑)
このゲートのおかげでめろんが玄関のたたきに飛び降りることもできなくなりました。
29日に病院へ行き 「良くなっているので手術は考えなくて良いと思います」とおっしゃってくださいました。
5月の連休 3,4,5日の午前中は病院は開いているので 何処かでまた連れてきてくださいと言われました。
痛みがあるときはあのレンガの家に閉じこもってましたが、そばに寄って来るようになったのでさすってやったのですが
院長先生は 「何もしないこと むしろ冷やした方がいいです。ただ冷やす場所もわかりにくいと思うのでとにかく何もせずじっとさせておくのが一番」とおっしゃいました。
痛み止めのお薬ももう服用しなくて良いそうです。


5日にまたまた病院へ・・・
「だんだん良くなってきていますね。 リハビリをしていきましょう」と言われました。
後ろ脚のマッサージ方法を教えていただきました。
「もう2週間様子を見ましょう。10日後にもう一度見せてください」とのことでした。
ただ麻痺が少し残るかもしれないとも言われたのです。
今以上に悪くならないように気をつけていきたいと思います。






2017.5.7 めろん










ブログランキングならblogram
| めろん | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する